方法で変化するチンコ増大の効果

チンコの内部は海綿体という組織が大部分を占めていて、血液の量に合わせて柔軟に伸縮する機能を持っています。
それが勃起のメカニズムで、チンコを増大させるためには避けては通れない要素です。
増大させる方法は大きく分けてふたつですが、基本的なメカニズムは同じです。
ひとつはサプリメントなどを使用して血流を促進させるもので、血管を拡張させることで血流を促進させて海綿体に大量に血を溜めるように働きかけます。
多くのサプリメントにはそれ以外の作用を持ったビタミンやミネラルなどを始めとして、昔から使用されてきたその恩恵も受けることができるのが特徴です。
サプリメントは全身の血流に影響するものですが、もちろん物理的にチンコだけに働きかけることは可能です。
根元から先端にかけて血を這わせるように力をかけていきます。
チンコの中でも増大に繋がりやすい亀頭まで血流が行き渡るようにすることで、身体に血の流れを覚え込ませるのが目的です。
またゴムのような素材によって、一時的にシルエットを増大させるという方法もあります。
チューブ状のゴムに水を入れながら片方は栓をするのと同じ感覚です。
ただこの方法は危険を伴うので、長時間行なってはいけません。